2015年11月25日

合格率5%の‘あの資格’


今日は、11月15日読売新聞社会面より【合格率5%の‘あの資格’】(元のテーマ:合格率わずか5%)を紹介致します。





気象予報士制度は1994年に導入された。予報士になるには、気象庁指定の「気象業務支援センター」が行う試験に合格後、気象庁に登録する必要がある。試験は難関で、合格率は5%前後。同庁によると、11月1日現在の登録者は9452人となっている。同センターによると、最年少合格者は、男性が12歳、女性が13歳だという。

業務は、気象庁や気象予報会社が出した予報について、専門知識を用いてメディアで解説したり、民間企業で経験を生かして助言をしたりする。事業にする場合は、気象庁から「予報業務許可」を別に取らなければならない。





※気象予報士は、タレントさんなどが取得しておられて、それを利用してテレビ番組でも活躍されたりしていますね。

ただ、このような合格率だとは、全く知りませんでした。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。