2016年01月29日

旅行ビジネスの‘知られざる’儲かりの秘密


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





【旅行ビジネスの‘知られざる’儲かりの秘密】



近畿日本ツーリストとクラブツーリズムが合併した会社を紹介


戸川和良社長、KNT-CTホールディングスがゲスト

戸川社長は、近畿日本鉄道出身




・近畿日本ツーリストから


窓口で、来店予約サービスを、一昨年から実施し、職員も指名できる

次に行きたい予約もできて、同じ人が対応することで、リピーターも増える

教育旅行は、修学旅行の学校訪問する

380のうち、170校を近畿日本ツーリストが担当

修学旅行の営業にとって、毎年9月からのプレゼンテーションが大事

内容は、企業秘密だが、興福寺の夜の1時間の貸し切りプランとか、灯籠の点灯プランとか奈良公園のシカ寄せプランとか

新幹線で東京を出て、新横浜駅を通過する時に生徒の健康チェックとか、生徒のサプライズプランとかも、事前にしっかり打ち合わせ

連合という、違う学校が混在して新幹線に乗るプランは安くなるが、どの学校がグリーン車に乗れるか、わからない

生徒のアンケートで、どこに行きたいか希望をきいたりする

生徒を見回る安全上のことを気にする宿泊先も、先生は考える




・クラブツーリズムから


近畿日本ツーリストの一事業からスタート

旅の通販をメディアにして、電話するだけで人気になった

趣味趣向にあった、何をするかのプランを用意

絵を描いたり、社交ダンスしたりするようなプラン

趣味が合うので、知らない人同士が友だちになる

また一緒に旅行したくなり、結果的にリピーターが増える

セミナーを実施し、集客する

年間1500のセミナーを通して、参加者同士が仲良くなり、参加する

旅行好きの人が『旅の友』を配る

旅行好きが旅行好きに配り、配る先で旅行の話になる

旅行参加者から、添乗員になる仕事もある

お客さんに手伝ってもらうことで、気軽に営業も出来、輪が拡がる





※私は、全く知らなかった、素晴らしい仕組みです。

旅行獲得競争も、熾烈化しているように思います。

生き残りをかけ、コスト以上にバリューが必要です。勉強になりました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。