2016年05月15日

トウモロコシの先に生えているヒゲの“不思議”


今日は、亀田製菓(株)のお菓子である柿の種の裏に印刷されている『こばなしのたね』の‘その21’【フサフサのヒゲはギッシリの証!】(ブログテーマ:トウモロコシの先に生えているヒゲの“不思議”)を紹介致します。





トウモロコシの先に生えているヒゲ。これは、「絹糸(けんし)」と呼ぶめしべで、一粒一粒から生えているもの。

つまり、ヒゲの本数とトウモロコシの粒の数は必ず一緒なのです。ということは、ヒゲがフサフサと沢山生えているトウモロコシのほうが、粒ギッシリ!ちなみに、ヒゲもおいしく食べられるそうですよ。





※亀田製菓と言えば、私がこれまで、このブログでずっと採り上げてきた『けなげ組』(13回も出していました)が、知らない間に無くなって、この企画に変わっていました。

この内容も、以前に負けず劣らず面白いです。これも、シリーズ化していこうと思います。

亀田製菓の、これらを考えてつくっておられる方に、一度会ってみたいです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。