2016年05月21日

世界三大健康野菜とは!?


今日は、とある会社に訪問した際に、資料として頂いた内容【世界三大健康野菜とは!?】を、紹介致します。





世界三大健康野菜とは、ヤーコン・菊芋・アピオス(ほど芋)の三品種です。

アピオスは北米原産の豆科の野菜で、インディオが食用にしていました。

水分は少ないですが、カルシウムはジャガイモの30倍、エネルギー、タンパク質、炭水化物などの含有量は他のイモより圧倒的に多いです。

食物繊維が豊富で便秘の解消、肩こりや冷え性の予防、高血圧の抑制、肝機能の安定などへの効果が期待できる健康野菜です。料理には下茹でが必要です。

ヤーコン芋は、薬などに頼らず健康を維持できる野菜です。原産地インカ帝国の以前から珍重され、大事に食されてきた野菜です。ヤーコン芋はオリゴ糖の王様と言われ、血液中脂質改善と腸を元気にする便秘解消効果があり格好の食べ物であることが明らかになりました。

さらに、ヤーコンにはワインやブドウに含まれる抗酸化性物質(ポリフェノール)が含まれ、体にダメージを与える老化や病気の原因となる活性酸素を除去する強力な成分が沢山含まれダイエット効果や糖尿病予防、動脈硬化予防、体内の酸化防止などに効く健康野菜です。

菊芋は、含まれるイヌリン効果により、血糖値、糖化ヘモグロビン濃度を下げます。快食快便が実感できる、体力が付いてくる、新陳代謝がよくなり皮膚炎が治り、肌がきれいになる。EDの改善が目に見えて来ます。膵臓機能改善、中性脂肪の減少、肝機能の回復、各臓器の改善などの効果が期待できる健康野菜です。〔出典: http://健康野菜.com/〕





※体に良いとされている野菜が、意外と多いのに驚かされます。

ただ、あまり知られてなかったりして、日常生活の食卓には上がらないのが、現状のようです。

こうした野菜が、もっと活躍する世の中になれば、素敵だと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。