2016年05月29日

雰囲気の作られ方


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【雰囲気の作られ方】を紹介致します。





【 雰囲気の作られ方 】


『汚い言葉を使わない』


人間は頭の中でいろんなことを考えている。

それを自分の知っている言葉に置き換えて、自分の意志や感情を表現しているのだ。


イライラした感情を汚い言葉に置き換えて吐き出すと、余計にイライラが増幅される。

ウキウキした感情を感謝の言葉に置き換えて吐き出すと、余計にイキイキした感情に昇華する。


人間の心の真ん中に、空の瓶があると考えよう。
その瓶の中に、言葉を入れていく。

すると、瓶がいっぱいなり、溢れだしたモノが、その人の雰囲気となる。

とすると、イライラした言葉を溢れさせれば、なんとなく忙しそうな、せわしない、落ち着きのない雰囲気になり、イキイキした言葉を溢れさせれば、なんとなく楽しそうで、嬉しそうで、明るい雰囲気になる。


さて、キミはどちらを選択するか。


人生七変化の法則を思い出そう。

言葉⇒考え方⇒行動⇒習慣⇒性格⇒出会い⇒人生と変化を及ぼす。

どれだけ言葉が大切かということがわかるだろう。

目の前の人が思わず微笑んでしまうような明るい言葉を使い人生を好転させていこう。





※どんな言葉を、使っていますか?!

自分の耳が、一番近くで聴いていますよ。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。