2016年06月13日

流行のインスタグラムを使うべきか


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから、コンサルタント向けのもので【流行のインスタグラムを使うべきか】を紹介致します。





今日は、SNSの活用について


流行の移り変わりが早いSNSですが、
いま一番伸びているのは
インスタグラムですね。

2015年あたりから伸びはじめ、
日本国内の利用者数も
1000万人近くになりました。

・・・と言われても、
ピンとこないかもしれません。


このSNSを利用しているのは、
約7割が10代から20代。

男女別だと、
女性65%、男性35%だそうです。

つまり、
若い世代の女性に流行しているSNS
だと言えます。


インスタグラムは、
会話によるコミュニケーションではなく、
写真がメインのSNSです。

そのため、ビジネスにおいては
向き不向きがあります。


インスタグラムが向いているのは

・美味しそう
・キレイ
・かわいい
・クール
・面白い
・手に入れたい
・憧れる

といった感情に直結するビジネスです。

例えば、
・アパレル
・小売店
・飲食店
・美容系
などです。

私のクライアントでも、
ネイルサロン、ヨガ教室、焼肉屋さん
などが、
インスタグラムを集客に使っています。


逆に言うと、
写真で興味を惹くことが難しい
商品やサービスだと
ビジネスで使うのは難しいです。

コンサルタントがセミナーの様子を
写真に撮って投稿したところで
興味を持ってもらえないでしょう。

もし使うなら、
発想の転換が必要です。


では、インスタグラムを
あなたのビジネスで使うべきかどうか
ですが、

それは、

あなたのクライアントモデルが
インスタグラムを使っているかどうか

で判断してください。


若い女性がターゲットであれば、
今すぐ利用を検討してみてください。

反対に、
30代以上の男性がターゲットなら、
今はまだ使わなくても大丈夫です。


インスタグラムでも広告を出せます。

動画広告も使えるのですが、
インスタグラムとは相性はよさそうです。

インスタグラムを使った集客は、
まだ目立った成果は確認できていませんが、
これから伸びていく可能性は秘めています。





※急速に台頭してきた‘インスタグラム’です。

言葉の感じから、SNSのことではないと、少し前まで私は思っていました。

どのような使われ方をしていくのか、観察していきたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。