2016年06月14日

富山県は、ナンバーワンがいっぱい!


今日は、ある日のテレビ情報番組から【富山県は、ナンバーワンがいっぱい!】(ブログテーマ)を紹介致します。





〔おらが県こそナンバーワン〕

富山県のナンバーワンとは?


実は第二次産業従事者ナンバーワン




・竹中銅器(株)


銅像の9割が富山県高岡市

銅像を作る為の樹脂原形をつくる

前田利家が7人の鋳物職人を関西から連れてきたのがきっかけ

一体500万円




・(株)老子製作所


釣鐘の生産ナンバーワン

乳の数が108あり、中子と外型にかぶせる

1100℃の温度で焼く

全国からオーダーがあるのは、よい音だから

肉厚やバランスによる

年間30口つくり、ちょっとした外車くらいの値段




・花卉球根協同組合


チューリップの生産がナンバーワン

県のあちこちで、チューリップの名前を使う

水野豊造さんがつくったのがきっかけ

土の中の球根が元気なら、毎年チューリップが咲くことが、昔チューリップを盗まれたことでわかった

球根が大きく育つ、富山の土壌

めしべにおしべをつけて、違う交配をする

2万種の種をつけてやっと新種ができる




・三協立山(株)


富山にはアルミサッシ御三家がある

豊富な水があることが、アルミづくりに適している

アルミ製品全般の生産が盛ん




・苗加製作所


アルミ製の業務用鍋で、苗加製作所という会社がナンバーワン

テフロン加工が、長年使っても磨り減らない

コーティングしたあと、気圧を下げながら熱を与える特別な技術

コンビニのおにぎりや弁当のご飯も、この鍋につくる




・ショウワノート


ジャポニカ学習帳をつくる会社も、富山県





※「富山県って、すごい!」が、率直な感想でした。

これからの、益々のご活躍を、期待しております。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。