2016年07月17日

『その先を見る』


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【『その先を見る』】を紹介致します。





つまらないのは

******************************

面白い仕事と面白くない仕事というのはない。

面白い仕事のやり方と

面白くない仕事のやり方があるだけだ。

大前 研一

******************************


松下幸之助さんのお話に
こんなお話があります。

+++++++++++++++++++

ある日、幸之助氏が、
工場でつまらなそうな顔をして
電球を磨いている従業員に、

「あんた、良い仕事してるで〜」

と言ったそうです。


「毎日、同じように電球を磨く退屈な仕事ですよ。」

と愚痴を言う従業員に、幸之助氏は、


「本読んで勉強してる子どもらがおるやろ。 
 そんな子どもらが、夜になって暗くなったら、
 字が読めなくなって勉強したいのにできなくなる。」


「そこであんたの磨いた電球をつけるんや。
 そうしたら夜でも明るくなって、
 子どもらは夜でも読みたい本を読んで勉強できるんやで。」


『あんたの磨いているのは電球やない。
 子どもの夢を磨いてるんや。』

 
「暗い夜道があるやろ、女の子が怖くて通れなかった道に、
 あんたが磨いた電球がついたら、安心して笑顔で通れるんや。」

『もの作りはものを作ったらあかん。
 その先にある笑顔を作るんや。』

+++++++++++++++++++


『その先を見る』という想像力に


自分らしさを発揮するチャンスが隠れている。


どんな仕事にもこれは言えるのではないでしょうか。


それは一本の電話をかけ続けることかもしれない。


毎日同じ話をし続けることかもしれない。


毎日同じ書類のチェックや
データ入力をすることかもしれない。


でも忘れてはいけないのが、
その一つ一つが未来を作るのだということ。


または今に感謝するためであることを。


それが本当のプライドに繋がっている。


何かに活用して下さい。





※確かに、その通りですね。

『その先』とは「それをしたら、どんな良いことがあるか」だと思います。

最後まで、お読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。