2016年07月23日

‘B級雑学’クイズより


今日は、『ウルトラB級!雑学検定』(副題、解けばウケる!話せばモテる!うんちくクイズ)より、17回目の紹介です。





Q49.有価証券を発行する会社の役員や大株主などが、一般には未公開の内部情報を利用して行う違法な証券取り引きのことをなんという?



Q50.「今年の新人はピンからキリまでだな〜」というように使う「ピン」と「キリ」は何語?
A:英語 B:フランス語 C:ポルトガル語



Q51.徳川将軍の中で一番在位が長いのは11代の家斎ですが、もっとも短いのはだれ?





さて、如何でしょうか?

今回も、正解を下に載せます。





Q49.インサイダー取引

上場企業の株価に影響する、未公開の重要事実を知り得る立場の人が、その企業の株や社債などを売買する行為。

情報を知らない一般投資家は損害を受けることになり、公平でないために証券取引法で禁止されている。

この罪を犯すと、三年以下の懲役もしくは三百万円以下の罰金で、両方を課せられることもある。また、法人の場合は三億円以下の罰金となる。



A50.C:ポルトガル語

「ピン」は、ポルトガル語のピンタで、ポイントの意味。サイコロの一の目を博打打ちたちが「ピン」と呼んでいたのが、だんだん一般に広まって使われるようになった。花札からきたという説もある。

一方、「キリ」の方は、ポルトガル語で十字架を表すクルスがなまった言葉だといわれている。十字架の意味から転じて「十」を示すようになった。つまり「ピンキリ」とは「一から十」。



A51.徳川慶喜

徳川慶喜の在位は1866年12月5日から1867年10月14日まで。退いたきっかけは、かの有名な大政奉還。

もはや単独での政権維持が困難だった幕府が、朝廷に政権を返すことにより一大名として生き残った。後世、大政奉還は、優れた政治的判断ともいわれている。徳川慶喜は、文化人としても知られており、当時は珍しかった写真に強い関心を持ち、多くの写真を残している。





※さて、今回は如何でしたか?

「ピンキリ」は日本語だと信じきって、これまで生きてきました。

まだまだ、知らないことばかりです。

また次回も、お楽しみに。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。