2016年07月24日

「セカンドキャリアの目的」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「セカンドキャリアの目的」】を紹介致します。





1.為末大さん


NHKの朝のラジオ番組で為末大さんが話をされていました。

為末大さんといえば、
世界陸上の400mハードルで銅メダルを取ったこともあるアスリート。
同種目の日本記録保持者でもあります。


その為末さんがラジオで話されていたテーマは
「アスリートのセカンドキャリア」について。


アスリート、特に企業などに所属しないプロアスリートの引退後、
一生懸命取り組んできた反動があるようです。

燃え尽き症候群というやつでしょうか。
問題になっているようです。




2.陸上競技を通じて


この問題について、為末さん自身の考えをラジオで話されていたのですが、
印象に残った言葉は

「『競技を通じて達成したかったこと』は何か?」

そこを思い出せたら引退後にすることが見つかると言います。


為末さんの目的が何であったかは語られませんでした。

ただ、
代表を務められている「一般社団法人アスリートソサエティ」や
考えをつづられている「為末大学」に
垣間見えるかもしれません。




3.目的は何か?


今は見つからなくても、
たまに考えてみるのはいいかもしれません。


仕事をする目的
経営をする目的

生きる目的

でしょうか。





※如何でしたでしょうか?

まずは、何かの物事をする毎に『これを通じて、達成したいことは何か』というゴール設定を、明確にすることだと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。