2016年07月30日

リーンスタートアップでウェブマーケティングをスピードアップ


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【リーンスタートアップでウェブマーケティングをスピードアップ】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





リーンスタートアップというビジネス手法をご存知でしょうか?

これは、必要最小限でリリースしてみて実際のユーザーの反応を確認してから改善を繰り返していく、という開発手法のことです。


最近のスマホのアプリなんかはほとんどがこの手法を使っていますね。

まずはアプリをリリースしてみて、ユーザーに使ってもらい、使い勝手や不具合(エラー)についてのレビューをもらい、それを元に改善していく・・・

こうすることで、たくさんのムダを省くことができ、早くリリースできるだけでなく、完成までを早めることができます。


また、失敗のリスクも減らせます。

ばっちり完成させてからリリースして、もしまったく使えないモノだったとしたら、どうでしょうか?

そこから全部修正するのは大変ですし、イチから作り直しになってしまったらすべてムダになってしまいますよね。

一方、ある程度できた段階でリリースしてテストするようにすれば、改良を加えていくこともできますし、イチから作りなおしも考えられます。


出してから、やり直しOKという考え方はネットだからこそです。

ネット経由であれば、製品を納品するのも、ユーザーの声を集めるのも、コストはほぼゼロです。


ちょっと、長くなりましたが、こういった考え方がリーンスタートアップです。





※『リーンスタートアップ』という言葉は初めて知りました。

ただ、この考え方で仕事を進めることは、過去にもしていました。

ウェブマーケティング以外にも使える方法だと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。