2016年08月14日

「選択肢を減らすと」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「選択肢を減らすと」】を紹介致します。





1.洋服の○○にて


「来年の」冬用の仕事ズボンを新調しようと思って、在庫処分特化!を期待して、3月中旬に洋服の○○に行ってきました。

が、ご想像の通り、並んでいるのは春夏物ばかり。

よくある話?




2.少ない選択肢


店員さんに訪ねてみたら、倉庫に残っていた秋冬物を出してくれました。

申し訳なさそうに「あまり種類も残っていませんが・・・」とか言いながら、サイズの合うズボンを5,6本ほど。


結果、申し訳ないどころか、とても選びやすかったんです。

よく言う「選択肢が多いと選べない」というやつ。
身をもって体験しました。




3.みんな幸せ


もう一つ気づいたことがあります。

今回、ズボンをすぐに選べたので比較的短時間で店を出ました。

店員さんの対応時間も短かったんじゃないかと思います。
対応時間が短くなると、接客できる人数も増えるでしょう。

検証はしていませんので、書きっぱなしです。


お客さんもハッピー。
お店もハッピー。

意外と身近にありそうな気がしてきました。





※意外と身近にあると、私も思いました。

選択肢を狭めることは、売る側と買う側を楽に効率よくするので、営業をしている方々にも考えていく必要があります。

『〓〓専門に仕事をしています』みたいな感じと思います。商品をしぼるか業界をしぼるか地域をしぼるか・・・しぼり込みには、創意工夫が要ると思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。