2016年08月23日

善意で解釈して感謝で返す


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【善意で解釈して感謝で返す】を紹介致します。





【 善意で解釈して感謝で返す 】


人間は、相手を評価したり、
目の前で起こった出来事を見るときに、
全て自分に都合よく解釈している。

全て、「自分の理屈」というメガネを通して見ているのだ。

だから、私は「助言」のつもりで言っていても、
聞いている相手は「説教」としか解釈していなかったり

だから、私は「親切」のつもりで言っていても、
聞いている相手は「おせっかい」と解釈しているかもしれない。


人は見方、感じ方が違うのだ。
だから、自己主張しないで、
相手の意見をよく聞いてあげるんだ。

そして、相手の立場になってモノを見る。
自分が相手の立場だったら
「私もそう言うだろうな」と思えれば、相手を理解できる。


世の中の現象は、全て、
それを見る人の理屈で判断されるのだ。

人の感情は、現象が作るのではなく、
自分の理屈が作り出しているのだ。

だから、自分の理屈も、判断する基準を低くして、
相手を理解し、相手を包み込んであげるのだ。

そして、相手の言うことを全て善意で解釈して、感謝で返すのだ。

こう考えることは、最初は難しい。
しかし、考え方は癖だ。
癖は、習慣で身につく。
癖は、繰り返しの行動で身につく。

これができると、無敵になる。
つまり、敵は一人もいなくなり、
「また会いたいなぁと思われる人」になれる。

相手の言うこと、目の前の出来事を
全て「善意で解釈して、感謝で返す」癖を身につける!

信じるに足る自分を作り上げるには、
自分で決めたことを非妥協でやり抜くことだ。





※判断基準を低くして、相手を理解し、包み込むことは、大事ですね。

善意で解釈して感謝で返すことを、癖づけしていきます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。