2016年10月05日

進む自動化運転


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【進む自動化運転】を紹介致します。





【進む自動化運転】


人工知能(AI)の進化は著しいものがあります。

私たちの気づかないうちに、人工知能、ロボットが生活の様々な分野に進出してきていますが、そのなかでも、一番、身近なものが車の自動運転でしょう。

技術的には車の自動運転はほぼ完成しており、状況が許せばいつでも社会に発表できる段階にあるようです。

ただ、運転者を搭乗させない完全な無人車というのは現在の日本の法律では許されておらず、どんな形にせよ人間が運転席に乗る必要があります。
問題はそこにあるのです。

緊急時に際し、人間の運転者が乗っていると間違ったハンドル操作やブレーキ操作を行うことが多く、かえって事故回避が難しくなるのです。
何があっても人工知能、機械に任せる方が事故が起こっても被害が小さくてすむということなのです。

「人間よりも機械のほうが賢い」ということを理解しなければならないのですが、いざという時はどうしても自分自身の手で運転しようという行動に出るため、そこを解決することがなかなか難しいわけです。

自動車メーカーの試験所で自動運転の車に試乗した人によれば、「何があってもハンドル、ブレーキなどには一切触らないよう」と事前にくどいほど注意されたらしいのですが、ついついハンドルを握ろうとしてしまうとのことでした。

「人間よりも機械が仕切る」とはなんとも寂しい話ですね。





※けっこう難しい時代に、なってきました。

機械が人間を支配してしまう未来が、来てしまうのでしょうか!?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。