2016年11月19日

独占しない


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【独占しない】を紹介致します。





【独占しない】


ある日のカンブリア宮殿。

明太子のふくやの川原社長がゲストでした。

終戦後、復員してきた初代がはじめた明太子事業。
最初は売れなかったそうですが、コツコツと地道に販売しているとお土産として売れるようになってきた。
当然、売れるとなると真似もされるし作り方を教えて欲しいと言われる。
そこで、味だけは真似をしないでほしいという約束のもと、作り方を惜しみなく教えた。
結果、明太子というものが世の中に広がる。

初代の考え方。
製品・商品を独占しても、マーケットは広がらない。
明太子の味が作る人、作る会社によって違っていい。
独占しないことで、他社も宣伝に力を入れることで全国的に有名な商品になり、回り回って自社の商品も売れるようになる。

問い:「当社がはじめたのだから<元祖>というものをいれたらどうか」

初代の考え方。
「元祖と入れたら、更においしくなるのか。そうでないなら入れる必要がない」
あくまで、お客さんにいいものを提供することが目的。
筋が通った、気持ちのいい考え方に清々しさを感じました。


こういう考えの会社ですから経営にもぶれがない。
儲けさせてもらっているのは、地域の方々の応援があってのものとの考えの元、地域貢献にも力を入れている。
寄付やスポンサー、社員の動員など。
だから地域からも支持される。

いい会社の考え方を学ばさせてもらいました。





※素晴らしい考え方です。

松下幸之助氏も、同じ思考と行動でした。

独り占めをしても、その先に何も良いことは無いと、感じました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。