2016年11月22日

自動車部品をつくる( 株)デンソーの儲かりの秘密


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





【自動車部品をつくる(株)デンソーの儲かりの秘密】



4兆5245億円企業 デンソーが作るマル秘部品

有馬浩二社長がゲスト

元々、トヨタの電装部だった

愛知県刈谷市にある

一万三千人の従業員

数々の自動車部品の中でも、カーナビやエアコンなどの電気で動くモノを電装品と呼ぶ

エアコンユニット自体は大きい

家電のエアコンより優れている

クルマの中は50度になるので、一気に冷やす必要がある

工場内は、ロボットがつくり運ぶ

従業員一人に対し、24体のロボットがいる

まるで、熟練の人のようだが、プログラムで職人さんの完全コピー

最先端ロボットがつくるが、日々進化している

蓄冷エバポレーターというのをつくり、信号待ちの時のエンジン停止時にも暑くならない

つくっているのは、自動車部品だけでない

ワインセラーやファストフード什器もつくっている

QRコードも、つくった

バーコードに代わるものをつくる必要があり、20文字のバーコードに比べ、7000文字のQRコード

1:1:3:1:1という、ない規則性を発見

愛知県安城には、デンソー工業学園があり、設備や型をつくる部隊に配属される

学園には、現代の名工受賞者7人、黄綬褒章受賞者4人の、講師陣

設計図は頭の中にあり、目で観て手で触り、判断できる技術者がいる





※素晴らしいデンソーの技術力です。QRコード産みの親は、デンソーだったのですね!

日本企業の技術力の高さは、世界トップクラスです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。