2016年12月03日

グーグルとヤフー


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【グーグルとヤフー】を要約して紹介致します。





ところで、検索はグーグルとヤフーがよく使われていますが、どちらをメインに使っていますか?

何かを探すとき「ぐぐったらいいよ」という表現をする方も多いと思いますが、実はヤフーをメインに使っている方が圧倒的に多いんですね。

それはどうしてでしょうか…

どちらのアカウントも、いろいろな便利機能がついています。

グーグルはカレンダー、予定表、エクセル、マップなど、データツールがほとんどですね。

では、ヤフーはどうでしょう。

トップページにはオークション、ショッピング、ニュース、天気予報、電車乗り換え案内など、個人が日常生活で必要とする情報がすぐに確認できます。

簡単に言えば、グーグルの特徴はビジネス作業向け、ヤフーの特徴は生活向上といった感じでしょうか。

何かを探す時にはグーグルの方が検索に向いていると聞きますが、実際はヤフーと何らかわりません。

グーグルのトップページは大きな検索窓があるだけで、他の情報はありません。

ネットユーザーの皆さんは、何か自分にとって必要と思える情報がたくさんあるサイトを使いますよね。

これは、自分たちが運営しているHPやブログ、SNSサイトにも関係してきます。

例えば、いろいろなカテゴリがあるブログと、自分の思うままに書いている「日記ブログ」なら、どちらにユーザーが集まるでしょうか?

間違いなく、たくさんカテゴリがあるものです。

今でもまとめサイトが人気ですが、それも上記と同様、ありとあらゆる情報がすぐに見つかるからですね。

自分自身も含め、ネットユーザーは感覚がどんどん変わってきています。

しかも、ほしい情報は携帯アプリで完結できる環境になってきたので、自分のサイトを「検索」で見つけてもらおうなんて思えば、ちょっとしたSEO対策なんて歯が立たないですし、どれだけ難しいか再確認してみましょう。

グーグルが公表しているSEO対策のコツをじっくり見れば、とんでもない作業が必要だと気付きますよ。

そういったことから、自分からネットユーザーに直接アプローチをかけなければ、自分のサイトを見てもらえません。

そのシステムがSNSですので、いかにうまくサイトを使い分けれるかが、ネット顧客獲得の キーになります。





※グーグルとヤフーの違いについて、やっといろいろなことが、わかりました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。