2016年12月24日

封筒の封じ目には「緘」を


今日は、フリーペーパーの求人雑誌『ジョブアイデム 大阪市内北摂版 12月19日号』より【封筒の封じ目には「緘」を】を紹介致します。





応募書類を郵送する際の封筒の封じ目はどうしていますか?宛名書き、裏書がきちんと書かれた封筒でもセロハンテープで封をしていたら台無しです。のりづけで封をしてその上に封じる意味の文字を書きます。一般的には「〆」の文字を書くことが多いのですが、これは「締め」の略式です。正式には「封」または「緘(かんと読みます)」を使いますが、「緘」の場合は、重要な内容ですよという意味が加わります。応募書類のときは「緘」を記入することをお勧めいたします。





※「あっ!見たことある!」と、思ってしまいましたがどのようなことか、知らなかったのが『緘』でした。

この記事で初めて知りました。無知の知です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。