2017年01月09日

名前は違うけど同じものです


今日は、亀田製菓の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その9の【名前は違うけど同じものです】を紹介致します。





お酒のおつまみでおなじみの「するめ」と「あたりめ」。「するめ」を細かく裂いたものが「あたりめ」だと勘違いしている人も多いのではないでしょうか?実はこのふたつは同じもの。「するめ」はお金を「する」、すなわち「損をする」と似ているため、縁起をかついで「当たり目」と呼ばれることがあるのです。





※亀田製菓の柿の種のシリーズからです。

そう言えば、昔からのイカのおつまみで、お酒のお供をしていた「するめ」と「あたりめ」ですが、私の場合、こうして並べて初めて‘似たようなもの’という気づきをもらう、情けなさです。

考えたことすらなかったです。勉強に、なりました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。