2017年01月17日

儲かり地元ホームセンター

今日は、ある日のテレビ情報番組から【儲かり地元ホームセンター】を紹介致します。





【儲かり地元ホームセンター】



ホームセンターは、全国各地で、いろいろ違う!?


全国規模の大手の逆化の戦略




・ムサシ(新潟)


直営39店舗

宮本武蔵のムサシ

商売するのに負けられないから

勝ち続ける方法は体験でレベルが違う

爪切り売り場、耕運機売り場、ティッシュ・トイレットペーパーなど、ある

トイレットペーパーは、売り上げは変わり、より高いのが売れる

お試しはコストかかるが効果は歴然

1.5倍にはなる

ペットコーナーも人気で、子どもが集まる

627億円




・いない(鳥取)


こだわりとは刃物

一般用と業務用

花板しか使えないのとか、スイカを切る専用のとか

佐助刈り込みバサミとかは、現代の名工

どうして刃物にこだわるかは、鳥取は刃物屋さんが多く、いないも元刃物屋さん

まさに博物館級の刃物取り揃え

刃物職人もいて、刃の幅を揃えて研ぐことができる

包丁と砥石を押さえる具合を調節する




・ジョイフル本田(茨城県水戸市)


ムチャクチャ広い敷地で、東京ドーム5.1個ぶん

最初は300坪だったが、お客様の声を聞いたら、こうなった

ドアノブだけで240種類

ヤシの木まである(50万円)

カーペットを部屋のレイアウトを敷いて切る方法や業者用の建材もある




・プラント(福井県)


23店舗ある

食料品があり、スーパーが一緒になっており、レジも一緒

お客様の買い物もスケールが違うのは、安いから

なぜ安くできるのかは、徹底的にコストカット

スリッパなど、投げ込み陳列し、従業員の手間が省ける

蛍光灯もついてない

お茶はただで、囲碁などの教室が毎日あり、お年寄りの方々にはサービス高い

福井県は世帯収入が高いから、この戦略




他にオススメのホームセンターは『ドイト』で埼玉と東京にあり、工具の体験で、実際に使わせてくれる





※日本全国には、このような特色を持つホームセンターが、活躍していたのですね!

全く、知りませんでした。これからのご活躍も、期待しております。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。