2017年02月05日

前向きな気持ちに


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【前向きな気持ちに】を紹介致します。





【前向きな気持ちに】



歌手の坂本九さんの代表曲の「上を向いて歩こう」について日経新聞の「こころの健康学」という記事からです。
「上を向いて歩こう」というのはこころの健康にとっても大切な発想。
悲しいからといって下を向いて歩いていると、ますます気持ちが沈んでくる。
上を向いて歩けばこころが強くなる感じがする。


シンクロナイズドスイミング選手の笑顔について。
選手は会場に入る時に満面の笑みを浮かべている。
演技前にさぞ緊張しているはずなのにと不思議に思っていたが、ある本によると意識的に笑顔を作っているとのこと。
逆にそうしないとプレッシャーに押しつぶされてしまう。
そうならないために笑顔をつくる。
笑顔になれば緊張が和らいで本来の力を発揮できる。
表情や態度がこころの状態に影響することは研究からわかっている。
笑顔になればポジティブな情報が入りやすく、緊張が和らぐ。
背筋を伸ばして前を向いて歩けば、気持ちも前向きになってくる。
まさに「笑う門には福来る」。
だからこそ「上を向いて歩こう」の歌に励まされた人が多かったのだろう。


私は野球に夢中になっていた子供の頃に読んだ本で、400勝投手の金田正一さんが、お母さんから胸を張って歩け、そうすると姿勢が良くなり力が出てくるというようなことを言われ常に実践していたというのを読んで、歩く姿勢を子供の頃から気を付けるようにしていました。自然と肩を開き、胸を張ると前をしっかり見ることができます。
野球をうまくなりたいと思って気を付けてきたことですが、気持ちにも、健康にも良かったのかもしれません。


この日経新聞の記事になるほどとうなずきました。
笑顔。
コストゼロの人間に与えられた素晴らしい能力です。
使わないのは勿体ないですね。





※その通りだと思います。

私は、事ある毎に、空を観るようにしています。

これは、自然と‘上を向いている’ことになります。

空は大きく、様々な表情があって、悩んでいる時には、ちっぽけなことで悩む自分を励ましてくれたりもします。

よろしければ、一度お試しを。最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。