2017年02月15日

儲かるマル秘やどかりビジネス


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





〔儲かるマル秘やどかりビジネス〕


人様の場所を間借りして、儲かるビジネスとは




・(株)農業総合研究所


及川社長が道の駅を小さくしたようにして、スーパーの食品売り場に出す

売上は、農家とスーパーで分ける

農家の取り分を65%にして従来の30%から増やした

660店舗に出している

どこのスーパーで何をいくらで売るか、農家が決める

バーコードで値付けするか、農家がしっかり考えないと、売れ残れば1円も入らないから

53ヶ所に集配場をもつ




・(株)ケアプロ


パチンコ店の中に、健康チェックをする

料金は無料で、パチンコ屋さんにお金(10万くらい)を頂いて、集客イベントにしている

パチンコ屋さんは、健康診断をしていない人が多くしている

血管年齢や骨密度をみる

本来は、駅やモールでやっている

集客の効果は非常にある

2007年創業で、利用者数は350万人




・関西ぴあ(株)


やどかりカレーが大阪では主流

韓国居酒屋の中にカレー屋さんをする

夜だけ営業する居酒屋さんの昼にカレー屋さんをする

なぜ、やどかりしているかは、初期投資が抑えられるから

普通だと300万だが、40〜50万になり、カレーだとある程度設備が揃っていればOK

カレーのバリエーションが沢山

家賃以外に、宣伝にもなる

サンクコストと言って、初期投資してるから、取り返そうとして、失敗の深みにはまる

その点、やどかりカレーは、その心配がない




他にあるのは『ニコニコレンタカー』で、自動車関係の店舗などにやどかりして、がっちりしている





※素晴らしい発想です。

従来の、飲み屋街にある店舗も、昼の時間を提供し、全く違うイベントなどを開催したりしています。

‘空いた時間の空いたスペース’を、どう有効活用するか、ビジネス成功の一つの秘訣だと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。