2017年05月11日

最近のオーダーメイドスーツ事情


今日は、読売新聞5月6日家計欄より『簡易なオーダーメイドで紳士物のスーツをあつらえる「パターンオーダー」が人気だ』という記事を見つけました。面白そうだったので、紹介致します。





『最近のオーダーメイドスーツ事情』


オーダーメイドスーツは大きく分けて3種類。採寸して手作業で作る「フルオーダー」、仮縫いなどを省いてコストを抑えた「イージーオーダー」、ベースのスーツを基に、着丈や袖丈などの長さを調整して作る「パターンオーダー」がある。フルオーダーの手間とコストが最も大きい。

最近の人気は、より高度なサイズサイズ調整が可能なパターンオーダーの一種。丈の長さに加えて胴回りや肩幅、膝幅、裾幅なども調整できるようにした「進化版」ともいえる。

調整できる箇所はメーカーごとに異なる。ベースの形やデザインから大きな変更はできない。それでも3万円程度から利用でき、最短2〜4週間で既製のスーツと比べれば格段に体にフィットしたものが作れる。

ベースの形やデザインには、各社とも力を入れている。サンプルの試着もできるなど、「初めてでもイメージしやすく、スタイリッシュなスーツが作れる」(紳士服のバイヤー)ような工夫を凝らしている。

紳士物スーツの市場規模は、団塊の世代の退職やクールビズの浸透でこの10年間で大幅に縮小した。しかし、「パターンオーダーの人気で、オーダーメイドの市場だけは伸びている」(メーカー)という。





※この後、スーツ各社がこぞって、パターンオーダーの戦略を始め出したと、出ていました。

今まで『イージーオーダー』が何か、わからなかったので、この記事を読めて、良かったです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。