2017年07月18日

サラリーマンには市場価値がある


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【サラリーマンには市場価値がある】(元々のテーマから変更)を紹介致します。





あなたがサラリーマンならほとんど自覚がないと思いますが、実は、サラリーマンには市場価値があり、あなたの能力を買いたいと思っている相手が少なからずいるのです。


もちろん、市場価値のまったくない人もいるのですが、それは転職エージェントに相談をすれば一発で分かるでしょう。


もし、何社か相談先があれば、その事実はあなたの能力には市場価値があると証明している事になると思います。


しかし、転職とはとどのつまり雇い主が変わるだけであって、あなたが雇用契約に縛られるのは変わりがないと言えるでしょう。


会社員をやめて起業独立した人はみな一様に、「会社員って不自由だった」と同じようなセリフを口にするのです。


一般的な会社員であれば、会社には毎日、出社するのですから、会社に通える範囲に住居を構えるといった制約が生まれます。


それに雇用は基本的に一社のみと契約を結ぶ事ですから複数の会社と契約するのは基本的には不可能です。


今では転職なんて当たり前の時代ですが、サラリーマンでいる限りは不自由な境遇を受け入れる事になるのです。


しかし、、、


あなたがサラリーマンとしての生き方しか知らないできたなら、その不自由な世界しか知らない訳ですしそこに疑問を持つ事などないでしょう。


けれども、シンプルに考えればあなたに何かしら付加価値のある能力があり、その能力を欲しがっている会社なり組織があれば、あなたは、その自分の能力を切り売りする事が可能です。


つまり、、、


「欲しい」という人がいれば「それなら○○円でどうですか?」とビジネスが成立すると言えるのです。


売るものと、それを買う人がいれば商売は成り立つのですから、細かい事は考えなくても十分ビジネスチャンスになるのです。


しかし、これをチャンスと思えない人だと、、、


「自分で会社を興すなんてリスクがある」とか「確定申告とかが大変そう」など、些末な事に囚われて、自分の持つ能力やその価値に気が付けない事になるのです。


自身の持つ能力や才能を必要な時に必要なだけそれも自分の意志で自由に提供できるのは、サラリーマンとしての生き方しか知らない人には、分からない快感かもしれません。


それに相手の望む形で、自分の能力を提供できるのであれば、実は、、、


「雇用」という形にこだわる必要はないはずです。


それに、その方が会社としても定年までの雇用を保証する必要もありませんし、福利厚生、社会保険など の経費の負担もグッと軽くなるのです。


これからの時代、個人は自分の能力を武器に起業独立し、その分、会社はあらゆる負担を軽くできるといった時代が遠からず到来するでしょう。


独立とは、自分の持つ能力を自由にそれを必要とする企業なり個人なりに届ける事を自分の責任で行うという事です。


そして、あなたに他者が必要とするだけの付加価値のある能力があれば、あなたは、その能力で何かしらのサービスを納品する事で、正当な代価を手にする事が可能になります。


あなたに営業マンとしての才能があれば、、、


「御社の製品(サービス)を私が変わりに売って差し上げます」となれば、それでビジネスは成立します。


それを組織レベルでやると「商社」と言われるだけの事に過ぎません。


自分に経理の才能があるならそれはそれで、立派な売り物になるのです。


大事な事は、あなたが「その道のプロ」であり、ここまでは自分が責任をもってやれると言い切れるなら、、、


「それならお金を払いましょう」と言ってくれる相手は必ず存在するという事です。


そして、自分にはそうした相手とビジネスをするチャンスがあると理解し、自覚している事が、これからの時代には絶対に必要な事になるのです。





※如何でしたでしょうか?

ここには、起業を奨める筆者の考えがずいぶん盛り込まれているように思います。

大切なことは、時代が副業を許可する雇われ方を良しとしているケースが多い背景がある中で、どのような人でも『個の才能を伸ばし発揮する』ということが肝要だと感じました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。