2017年08月12日

『紀州金山寺味噌』G- 1品目追加


今日は、日本農業新聞8月11日より【『紀州金山寺味噌』G-1品目追加】を紹介致します。





農水省は(8月)10日、新たな地理的表示(G-1)として、和歌山県の「紀州金山寺味噌」を登録したと発表した。同県内の品目が登録されるのは今回が初めて。

「紀州金山寺味噌」は同県で生産され、ウリやシソなど4種の野菜を加え、発酵・熟成させるのが特徴。調味料として使うのではなく、そのまま食べる。

同制度は、地域と結び付いた産品について、国が品質の“お墨付き”を与える制度。今回の「紀州金山寺味噌」を含め、これまでに39品目が登録されている。





※地域の隆盛・復興・再生等を狙ったり、ずっと残していきたいモノやサービス、文化や芸能に、国や団体がこのようなお墨付きを与える制度は、いくつかありますね。

調味料ではなく直接食べるこの味噌を、私も機会を見つけて、一度賞味してみたいと思いました。

ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。