2017年10月07日

食品表示『‘しょうゆ’のなんで?』


今日は、冊子『明るい食生活』(発行所:一般社団法人栄養改善普及会)の6月1日号の〔大きな目小さな目より〕から【食品表示『‘しょうゆ’のなんで?』】として、8つの質問のうち、1つを紹介致します。





Q:うすくちしょうゆは、こいくちしょうゆと何が違うのですか?




A:うすくちしょうゆは原材料の配合や製造工程を工夫して、色が濃くならないように作ったしょうゆです。

こいくちしょうゆより色は薄いですが、塩分は高めです。素材の色や風味を生かして仕上げる調理に使われます。



*こいくちしょうゆの塩分100g中14.5g。うすくちしょうゆの塩分100g中16.0g。





※皆様、如何でしたでしょうか!?

私は、これまで『うすくちとこいくち』の、どちらかのしょうゆを選ぶのを、‘うすくち=塩分少ない’‘こいくち=塩分多い’として、勝手に購入していました。

この事実に、衝撃を受けました。知らないって、怖いです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。