2017年10月20日

季節の歳時記


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【季節の歳時記】を紹介致します。





 【季節の歳時記】
 〜出会いもの〜


  「松茸の土瓶蒸し」は夏の名残りの鱧(はも)と今が旬の松茸という
  ふたつの季節の「出会いもの」。秋の口福のひとつです。  
  

  旬には「走り、旬、名残り」の3つがあり、季節を惜しみ、季節を
  待ちわびる日本人の心を和食が表現したものです。

  食欲の秋、香り豊かな新米が口に入る頃に一緒に食べたくなるのが
  素朴な味付けの「イカと小芋」や「にしん茄子、棒タラとえび芋」といった
  おふくろの味。秋の夕餉の食卓を彩る「出会いもの」の一例です。





※10月も半ばを過ぎて、月末に向かっています。

秋も深まり、食べ物も美味しい季節です。

こうした口福の食材の数々は、言葉を読むだけでも、美味しさと風情を感じさせてくれますね。

ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。