2017年11月06日

トップセールスマンから教えてもらったこと


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【トップセールスマンから教えてもらったこと】を紹介致します。





保険のセールスマンの方とお話をさせていただく機会がありました。

その方はトップセールスでバリバリ実績を上げている方です。

見た目から、話し方、些細な仕草までさすが、洗練されているなって思いました。


その方が、こんなことを教えてくれました。


保険のセールスマンは実力差がはっきりとでます。

なぜなら、取り扱う商品が全く同じで、さらに、商圏もほとんど同じだからです。

にも関わらず、めちゃくちゃ売れる人と全然売れない人がいる。

違うのは‘その人がどうか’というところだけです。


・どんな行動をしたのか。
・どんな話し方をしているのか。
・どんな表情をしているのか。
・どんな仕草をしているのか。
・どんな服装をしているのか。
・どんな声をしているのか。
・どんな考え方をしているのか。


こういういろいろな要素が、その人の成績を決めています。

だから、できる人とできない人の差は、その人自身の差、ということになります。


そのトップセールスマンの彼は、日々自分を磨いているようです。

そのための投資は惜しまないとのこと。

自分を磨くことが成績につながると、わかっているからなんですね。

でも商品が悪いから・・・
という言い訳ができないのはシビアな世界です。


自分自身を磨くことが成績のアップに繋がるというのは僕たちも同じことが言えます。

僕たちは、売れないとついつい商品の方を改善しようとしてしまいます。

でも本当に売れない理由は『自分が魅力的でないから』というところにあるのかもしれません。


どんなにいいノウハウを持っていたとしても好かれていない人のところに、仕事はやってきません。

もし、たまたま仕事が来たとしても、次につながっていかないですね。


それで、僕たちも自分磨きをしないといけないわけですが、ここで大切なのが

『実際にやってみる』

ということです。


例えば、水泳のクロールができるようになりたいとしましょう。

このときに、本を読んだり、映像を見たり、話を聞いただけでクロールができるようになるでしょうか?


できませんよね!


知識は増えると思いますが、実際にクロールはできるようになりません。

プールに行って、泳いでみて失敗と改善を繰り返してようやくクロールができるようになります。


僕たちの自分磨きの場合も全く同じです。


「こんな行動をしたらよい。」


というのが頭でわかっていても、実際にやってみなければ全く意味がありません。

こんな表情ができたら・・・
こんな声をだせたら・・・
こんな仕草ができたら・・・

全部、同じことですね。

どれもやらないと身につかないのです。


この記事を読むくらい勉強熱心な方は、きっと自分磨きの方法を、いくつかはご存知だと思います。

ただ知っているだけになってはいないでしょうか?

知っているだけではもったいないので、ぜひ行動に移してみてください。

実際にやってみることで、少しずつ成長して、魅力も高まっていきますよ!





※如何でしょうか!?

ここの中で、重要視すべきは『実際にやってみる』です。

つまり、練習(トレーニング)です。

そして、それを『出来るようになるまで繰り返す』です。

営業という仕事に就いている人の中で、これが絶対的に足りない人がいます。

私自身も、これからも鍛練を繰り返してまいります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。