2017年11月17日

メルマガの正しい文字数


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【メルマガの正しい文字数】を紹介致します。





メルマガの長さはどれくらいがいいの?

メルマガを書くとなると、はじめに出てくる疑問で、実施によくいただく質問でもあります。

コピーライティング的な観点で回答するなら、最後まで読ませられる面白い内容であれば、どれだけ長くてもいい、というのが答えです。

が、これからメルマガを書く人にとって、この答えって答えになっていません。
このメールが最後まで読める面白い内容か、なんて判断がしようがないわけですから。

なので、私が伝えているのは…

「メルマガ一通で伝えるべきことを、たったひとつに絞ること。あれもこれも言いたくなったら、それは次回以降で伝えればいい。」
ということ。

この同じ回答に対して

・比較的短い400文字程度になる人
・標準的な1000文字を超える人
・もっともっと2000文字を超える人

などいろいろなパターンが出てきます。

で、結論から言えば、どれでもOKです。

同じことを伝えるの端的に伝える人、例えなどを交えて長く話す人など、いろいろいますよね?

それがその人のキャラクターになります。

同じようにメールの長さそのものが、あなたのキャラクターになる、ということです。

400文字で書くのがしっくりくる人が、1000文字、2000文字で書くのは苦痛です。逆もまたしかり。

文字数にこだわると、あなたは自分のキャラクターを変えなければならなくなりません。

キャラを演じて継続するのは、まァ、よほどでなければ無理です。日常でもそれはわかるはず。

メルマガも同じ。あなたのキャラを大切にして、書きやすい長さで書くこと。

そうすればメルマガは継続しやすくなります。

メルマガで売上をあげるという観点からみた場合、文字数なんかより継続する方がよほど大切ですから。





※読ませて頂いて、納得しました。

その人によって、一番心地よい長さを安定させて、何よりも継続することが重要なのですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。