2017年11月29日

伝わる資料の作り方


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【伝わる資料の作り方】を紹介致します。





ビジネスをしていると、パワーポイントで資料を作ることが多いですよね。

例えば

・セミナースライド
・プレゼン資料
・レポート

などなど。

このパワーポイントでの資料作り、ひとつとっても作る人によって、わかりやすさのレベルが全然違います。

当然わかりやすい資料であれば、こちらの主張も相手に伝わります。

逆にわかりづらい資料だと、こちらの伝えたいことが的確に相手に伝わりません。

形のないサービスを扱うビジネスでは、伝えたいことが伝えられるかどうかが収入に直結します。

ということは伝わる資料作りができる、ということもあなたの収入を増やすためには必要だということですね。


ではパワポで伝わる資料を作るには、どうしたらいいでしょうか?

これはもう一言でいえば、シンプルイズベスト。

つまり

『言いたいことが明確で、シンプルで見やすい』

このような資料を作ることを意識してみてください。

では具体的にはどうしたらいいのか。


それも答えはシンプルです。

『ワンスライド・ワンメッセージ』

これだけ覚えてください。

要するに

・一枚のスライドに詰め込みすぎない
・一枚のスライドで伝えることは一つ

深く考えずにこれを守るようにすればいいだけです。

シンプルで見やすくスッキリした資料を作ることができれば、相手にも伝わりやすくなります。

それだけでなく、シンプルにすることで資料作成の時間も減らすことができます。

パワポで資料を作るときにはぜひ『ワンスライド・ワンメッセージ』を意識して作るようにしてくださいね。





※沢山のセミナーや説明会に参加していますが、確かに伝わる場合と、そうでない場合が存在しています。

パワーポイントなどのスライドの場合、その差が顕著に出ているように思います。

『ワンスライド・ワンメッセージ』は、重要ポイントですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。