2017年12月05日

千趣会退職希望134人


今日は、12月2日読売新聞の経済欄から【千趣会退職希望134人】を紹介致します。





カタログ通販大手の千趣会は(12月)1日、募集50人の希望退職に、約2.7倍の134人が応じたと発表した。

全従業員の14.5%に相当し、来年2月末までに退職する。

2017年12月期連結決算に割り増し退職金など約15億円の特別損失を計上する。





※カタログ通販業界は、時代の変化の影響を、もろに受けているようです。

しかしながら、希望退職敢行の怖さを象徴するような記事です。

会社組織にとって『時代の変化は、常にナマモノであること』を、叩き込んでおかねばならないのだと、痛切に感じずにはいられないです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。