2018年01月08日

刑務所での受講者の‘考え方’を変える


今日は、年始の挨拶文を頂いた方の内容が素晴らしかったので、許可をもらい、本文を紹介させて頂きます。





【刑務所での受講者の‘考え方’を変える】


昨年の研修で印象に残っているのは、何度か遭遇した、刑務所での受講者の考え方です。

「どうせ、幸せになる資格なんて無いし…」

私の研修を受けられる人は、皆、真面目に、積極的に、熱心に受けられます。でも、どこかで自分に資格がないと思い込んでいたんですね。

なるほど、そうすると、どうせ何しても一緒だから、悪いとわかっていても、やってしまう、ということになるのだなあ、と分かりました。


「まだ、良いことが、自分にもありますかねえ…」と恐る恐る聞いてきた受講者の方に私は言いました。

「今が人生で一番若いときや」
「生きてる価値がなかったら、もう死んでる。生きてるということは、生きる価値があるからや」
「人間には幸せになる義務があるんや、権利やないで、義務やで」
「生きてる意味は自分で作れるんや」


「生きてるだけで丸儲け」は、明石家さんまさんのキャッチコピーですね。

実はこれは、別府駅前の銅像「バンザイおじさん」、油屋熊八の言葉です。

やりたいことをやれるように、全部やってみた人です。

今年の最後に私が感じたいこと、言いたいこと、思いたいことは、「いやー、よ〜頑張ったなー」と言えるように、やりたいことをやれるように、全部やってみるつもりです。

私のやりたいことは、心を込める方法、自分を活用する方法を、広めることです。





※この世に生まれ出た人は、必ず役割を持って生まれてきています。

生まれてきたこと自体に、意味があります。

そして、幸せになる義務があります。

どのような人生に彩るかは、自分次第です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



この記事へのコメント
受講者の聞き方感じ方は、その人の今がどういう状態かで同じ話しでも全く違ってきますよね。
内側にある自分を引っ張り出してくれるのは、やはりご縁のある方や良き書物との出逢いしかないと思います。
Posted by クラケント at 2018年01月08日 08:43
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

その通りですね。

『自分以外の人は、自分と全員が違う。その違いの幅は‘絶望的’に違う。』こんな言葉があります。

内側にある自分を引っ張り出してくれる、ご縁のある方や良き書物です。

時として、劇的な出逢いがあるのが、人生において、素晴らしくも楽しくも面白くも、あります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年01月08日 09:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。