2018年02月06日

ヘルプの発信


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガより【ヘルプの発信】を紹介致します。





【ヘルプの発信】


ある日の読売新聞の読者欄に小学生の女の子の投稿があり、印象に残りました。


まとめると、ヘルプマークを付けている方を見かけたら、お手伝いをしたい。

さらに、自分は積極的にお手伝いをしたいから「ヘルプするよマークがあったら」というもの。


あ、面白い発想だなと思って。

実現されたらいいなと思います。


僕も、手を挙げるのが苦手です。

お手伝いする意思はあるけど、ちょっと恥ずかしい。

電車で席を譲ったりするのも、ちょっと苦手。


こういうサイン、マークがお手伝いの気持ちを助けてくれたらなと思います。



仕事でも、ヘルプするよバッジみたいなのがあったら結びつきが増えるのかな。


営業がちょっとでも楽になったら。
みたいな発想につながるかも。





※これ、素晴らしい発想ですね。

私も、電車の中で、席を譲ろうかと一瞬、迷っている時に、近くの別の人が「どうぞ」と言って席を譲る状況に出逢います。

なので、このようなマークを、ピンクリボンとかオレンジリボン同様に、誰もがわかるピンバッジとかにして、アピールしたいと思いました。

本日も、ありがとうございました。



この記事へのコメント
双方向の発信があれば、スピードが出ますね。
Posted by クラケント at 2018年02月07日 09:57
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

確かに、その通りですね。

善行を、スピード感を持って、やっていきたいですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2018年02月07日 14:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。