2018年02月11日

良好な人間関係を作って、一生幸せになる方法


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【良好な人間関係を作って、一生幸せになる方法】を紹介致します。





あなたは成功の可能性に刺激を受けるタイプでしょうか?
それとも、失敗の可能性から成功に向かって行けるタイプでしょうか?

モチベーション研究の中でも世界的に高い評価を受けているハイディ・グランド・ハルバーソン博士とトリー・ヒギンズ博士の2人が、やる気のメカニズムについてこんな紹介をしています。 そしてそれを意識すると、あなたは自分のやる気だけでなく、人のやる気のツボでさえ明確に抑えることができるでしょう。


●人のモチベーションは2つのタイプに分かれる冒頭の質問のように人間は2つのモチベーションタイプに分かれるのですが、1つが「プロモーション・フォーカス」といわれるタイプであり、このタイプの人たちは「人生がよくなる可能性」を感じると俄然やるンにフォーカスし成功が加速していくと思っていれば、チャンスを追い求め、うまくいく可能性があればどんなものでも試してみようと積極的に行動し、少々のリスクがあっても成功と引き換えになるなら構わないとリスクを取って行動することができる人たち。 これがプロモーション・フォーカスの人たちです。

可能性を追いかけて行動するので大きな成功を手にする可能性も高いのですが半面、足元をすくわれ、大失敗する可能性もあり、アップダウンの激しい成功を繰り返すタイプであると言えるでしょう。

一般的には社会的に有名な成功者はこの可能性を追い求めるプロモーションタイプが多いのではないかと思います。 プロモーション・フォーカスの特徴は完璧であることよりもスピードを重視しチャンスに対してはオープンな態度で臨み、可能性や選択肢については肯定的に考えます。

どちらかと言えば話を大枠でとらえるタイプであり、他人からの称賛や評価を心地よく感じます。そして結果を重視し、一喜一憂を繰り返します。
なので、一言でいえば、「うまくいく可能性に刺激を受けるタイプ」の人と言えるでしょう。


そしてもう一つが「プリベンション・フォーカス」と言われるタイプの人たちであり、それは「失敗することを回避する」ことに刺激を受けるタイプです。 なので意識することは、失敗、遠回り、リスク無駄を避けることであり、一見するとネガティブな印象を受けます。

彼らは目標を目指すよりも「こんな失敗が起こりそう」と考えて「それならば、こんな準備をしておこう!」といった形でやる気を起こします。 先に断られる理由やだめになる可能性を予測し、それならばと先手を打っておくことに刺激を受けるのです。

なので、まず行動する前に、失敗の可能性を想定しますから、準備、検討に余念がありません。ですので、計画の進め方もスローペースであり派手な失敗や、一発逆転のような目立ち方をすることもありません。 したがって周囲からは順調そのものにやっているように見えるでしょう。

このタイプの成功者もたくさんいるのですが、プロモーション・フォーカスに比べるとはっきりって地味ですから、あまりドラマチックではなく目立つことも少ないのです。 ただ仕事はゆっくりしていても、慎重かつ丁寧ですし、様々な可能性に備えて準備をしておくのでいわゆる気が利くタイプだと思います。そして急かされることを嫌うので、あまりにも準備期間がないと、それでストレスを感じてしまいます。 過去の実績や、うまくいった方法論を重視し、革新的なことや奇抜なアイデアからは距離を置こうとするでしょう。

人から褒められることにも、余り慣れているとは言えなく、最後まで気を抜かず全てをやり終えてからやっと落ち着くことができるタイプだと思います。


●自分がどうすればモチベ―ションを感じるのかを知る事は重要である これらのことを踏まえて、あなたは自分自身がどちらのタイプだと考えますか?

自分がプロモーション・フォーカスだと思うなら「自分が叶えたいことは何か?」そして、それができればどんな可能性が広がっているのか?
こう考えるとモチベーションが上がるでしょう。

一方、自分は「プリベンション・フォーカス」だと思うから自分の夢を妨げるものをリストアップしそして、それらをいかにクリアするか?というプランを打ち立てると良いでしょう。
しかし、大事なことは、どちらのタイプであっても、自分が何にモチベーションを感じるのかを知っていることであり、自分のやる気のツボを把握していることだと思います。

いずれにせよ、どちらのタイプであっても自分自身を正しく理解していなければ、成功という目標に、正しく向かっていくことなどできないことだと思います。





※皆様は、どちらのタイプでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



この記事へのコメント
私は、プロモーション・フォーカス(大器晩成型)だと思います。
Posted by クラケント at 2018年02月12日 07:04
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

クラケントさんは、プロモーション・フォーカスだと、私も思います。

両方の要素を併せ持つ人が、一番強い人だと、私は思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年02月12日 08:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。