2018年02月22日

フィギュアスケート「確率じゃない」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【フィギュアスケート「確率じゃない」】を紹介致します。





【フィギュアスケート「確率じゃない」】



フィギュアスケートを見てて「4回転ジャンプの成功率はどれぐらいなのか?」気になりました。


そうです。確率を求めたくなるんです。


ググってみたところ、こちらのサイトのデータがわかりやすく、納得できるものでした。

※集計方法、期間とか正否の判定とか。


「マホトラのブログ」
フィギュアスケートのジャンプ成功率を調べてみました。
http://www.absbmagic.com/entry/2017/10/10/203902


こちらのサイトのデータを拝借して、4回転全体の成功率を求めてみると、高い選手でも、59.2%。60%未満のようです。

※ジャンプの種類によっても成功率は違うようですので、詳しいデータは上記のサイトをごらんください。


仮に60%の成功率として、6回挑戦して、全部成功する確率は4.6%です。20回やって1回しか成功しない確率です。


そんな確率に挑んだのがネイサン・チェン選手。しかも、5回成功させている。


4回挑戦だったら成功確率は13.0%になります。それでも8回やって1回。


安全にまとめるとか、危険を冒して高得点を狙うとか、確率とか、期待値とか、そういうことじゃないんでしょうか?


成功率は60%だけど、失敗すると思ってやっていない?


で、挑戦して、高い確率で成功させる。


確率とか統計とか、そんな世界にはいない人たちのようです。


メダルという目標に向かって、迷いが無いんでしょうか。


確率とか考えている時点で、迷っているということなのかも。





※連日、オリンピックのニュースで、メダル獲得の吉報が届いています。

本文中にありましたが、確率とか期待値とか統計とか、そんな世界じゃないように、私は思います。

危険を冒してまで、難易度の高い技に挑戦したり、体力の温存と関係ないところで、スピードを上げたり、恐怖を一旦横に置いといて、パワーを全快にしたりしています。

メダルを狙う人も、自分の精一杯の力を出しきるのを目標にする人もいます。

いずれにせよ、確率じゃなくて、出来ると信じて競技に挑んでおられます。

私たちは、手本にすべきところが、沢山あると思います。

本日も、ありがとうございました。



この記事へのコメント
試合を楽しみたい

とコメントするアスリートやプロフェッショナルが最近多くなりました。
苦しく辛いトレーニングのご褒美があるとするなら、楽しまなきゃ損。
こんな感覚があるかもしれません。それが素晴らしい結果を導くのではないでしょうか………
Posted by クラケント at 2018年02月23日 00:56
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

「苦しく辛いトレーニングのご褒美」・・・あったほうが、いいですよね。

素晴らしい結果、つくってほしいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年02月24日 06:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。