2018年03月03日

バブリーダンス、登美丘高校表彰


今日は、読売新聞2月27日地域面より【バブリーダンス、登美丘高校表彰】を要約して紹介致します。





堺市は府立登美丘高校(堺市東区)ダンス部を、顕著な功績のあった個人・団体をたたえる「市特別功績者」として表彰した。バブル景気時代のOLになりきって踊る「バブリーダンス」で注目を集め、昨年のNHK紅白歌合戦にも出場したことなどが評価された。

同部は2004年に発足し、現在は89人が所属。昨年、夏の全国高校ダンス部選手権で優勝。派手な衣装と髪型で踊る、荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』は、動画投稿サイトYouTubeの視聴回数が4800万回を超える人気となっている。

堺市長は表彰状を手渡し「昨夏からブームを巻き起こし、堺を有名にしてくれた」と絶賛。3年生は「後輩には、見てくれる人を楽しませる登美丘高のスタイルを守り続けてほしい」とエールを送った。





※登美丘高校ダンス部は、高校生にも関わらず、素晴らしい功績を樹立しました。

昨年大晦日の紅白歌合戦で、知名度も一気にアップしました。

大人も、負けてられないです。



この記事へのコメント
キッズダンススタジオを経営している社長は、
「高校生が来なくなった………」
と嘆いてました。クラブ活動で活躍する生徒が増えたようです。
Posted by クラケント at 2018年03月03日 20:08
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

過去には、キッズダンススタジオに高校生が来ていたのですね。

キッズというイメージだから、小学校高学年までと、勝手に思っていました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年03月03日 21:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。