2018年03月14日

池田市、第3 子出産で貸与車


今日は、読売新聞3月9日地域面より【池田市、第3子出産で貸与車】を紹介致します。





(大阪府)池田市は、3人目以降の子どもが生まれた市内の家庭に、同市に本社を置くダイハツの乗用車を3年間無償で貸与する「エンゼル車」制度をアピールしようと、市役所1階のロビーに対象となる車「ブーン」を展示している。

制度はダイハツの協力を受け、1997〜2011年度、4人目以降の子どもが生まれた家庭を対象に実施。一度終了したものの、17年度から、3人目以降に条件を緩和して復活させた。

新しい制度を導入した17年4月から今年1月末までの間、市内で誕生した第3子以上の新生児は99人。このうち44家族から貸与を申請されており、既に36家族にダイハツの「ブーン」か「トール」が貸し出されている。

市は「より多くの子育て世代に制度のことを知ってほしい」としている。問い合わせは市総合窓口課(0727546243)へ。





※ダイハツは、池田市と一緒に、素晴らしい取り組みをされていますね。

少子化に歯止めをかける方策として、他の企業や市町村も参考にしていって頂きたいように、思います。



この記事へのコメント
素晴らしい取り組みです!
発想が柔らかい。そして暖かい感じがします。
注意点も知りたいですね。
Posted by クラケント at 2018年03月14日 07:28
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

発想が柔らかく、暖かいです。

注意点として考えられるのは『マタ貸し』ですかね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年03月14日 08:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。