2018年04月02日

2018年新ルールでプロ野球が変わる!?


今日は、ジェイコムマガジン4月号の中のベースボールレボリューションの記事で【2018年新ルールでプロ野球が変わる!?】を紹介致します。





*リクエスト制度

本塁打やアウト・セーフの判定に異議がある場合、監督が映像による検証を要求できる(昨年までは審判の判断で検証)。行使できるのは9回までに2度。使うタイミングは勝負を分けるかも!?




*申告敬遠制

ベンチから申告すれば、投手が投げることなく打者が一塁へ行くことができる敬遠の新ルール。MLBではすでに導入済みだが、4球投げる間のドラマが失われるという不評の声も。日本では果たして?




*2段モーション解禁

投手が足を上げたところで一度静止し、再び上げなおして投げる2段モーション。今年からルールの国際化により解禁となった。昨年、反則投球をとられて物議を醸した菊池雄星(西武)はひと安心?





※プロ野球が開幕しました。今年も、楽しみです。

3つの新ルールのうち、早速、2つ使われましたね。

申告敬遠制は、試合時間短縮にはなりますが、過去にあったミラクル(阪神タイガースの新庄剛志選手が敬遠球を打ってタイムリーヒット等)が無くなるのは、ちょっと残念です。

今日もお読みくださり、ありがとうございました。



この記事へのコメント
柔道やスキージャンプ、水泳など日本人が勝った後不利なルール改訂があったと記憶しています。
野球はアメリカが本場ですから、日本も従うことになるでしょうね
Posted by クラケント at 2018年04月02日 12:26
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

公平で公正なルール改訂が、求められる形ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年04月02日 17:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。