2018年04月12日

世界でたった一つの花を咲かせる生き方


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【世界でたった一つの花を咲かせる生き方】を紹介致します。





【世界でたった一つの花を咲かせる生き方】


致知出版のメルマガから。

慈眼寺住職で大峯千日開峰行者・塩沼亮潤大阿闍梨の言葉です。
短い言葉ですが、人が生きている、生かされていることの本質を言い表していると思います。
過去に感謝し、今元気でいることに感謝し、周りの環境に感謝し、そして、自分でできることを精一杯していくこと。
そうすることで、与えられた感謝に報いることができていくのかなと思っています。

以下、塩沼亮潤大阿闍梨の言葉をどうぞ。



 『いまいる場所がどんな環境であっても、
 そこで精いっぱい花を咲かせることが人生』





※如何でしたでしょうか!?

シンプルですが、自分という花を咲かせて、咲き続けるには“いつでもどこでも精一杯”が大事なんですね。

本日も、ありがとうございました。



この記事へのコメント
今日を精一杯生きることにします
Posted by クラケント at 2018年04月12日 06:48
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

一日一日を、精一杯生きる事は、一日決済という考え方で、やっています。

今日は、私にとって、大切な日です。今日という特別な日を、楽しみます。
Posted by 牧野眞ー at 2018年04月14日 06:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。