2018年05月14日

緊急時!視覚障害者に注意喚起する時は


今日は、冊子『DUET』ガイドドッグマガシンvol.26から【緊急時!視覚障害者に注意喚起する時は】を紹介致します。





*まずは「止めて」ください


「下がって」だけでは、視覚障害者の方は、どの方向へ下がればいいのか分からず、危険な方へ行ってしまう可能性があります。

緊急時は、?まずその場で止める、そして?視覚障害者側の進行方向から見て、右なのか左なのか、前進なのか真後ろに下がるのかを伝えてください。




*「あなたに呼びかけています」ということを伝えてください


「危ない!」、「止まって」と言われただけでは、視覚障害者の方は誰に呼びかけているのかがわかりません。「盲導犬をお連れの方、止まってください」、「白杖の方、動かないで!」などと、視覚障害者の方へ「自分に声をかけられていること」が伝わるように、呼びかけて下さい。




◇あと一歩進んだら駅ホームから落ちてしまう!!
そんな時はやむを得ない緊急事態ですので、視覚障害者の方の身体をつかんで止めてください。





※こうした緊急時に、どのような行動を自分だったら取れるか・・・

この記事との出逢いを機に、じっくり考えてみます。



この記事へのコメント
その人の立場に立つ

同じ目線を持ち、同じ気持ちになってみる

が最良の選択になるのでしょうね。
Posted by クラケント at 2018年05月14日 13:47
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

『その人の立場に立ち、同じ目線を持ち、同じ気持ちになってみる』

おっしゃる通りです。全身全霊で相手の立場に立って、行動まで落とし込むことなのだと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年05月14日 21:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。