2018年05月16日

『きのこの山』が立体商標に


今日は、ヤフー!ニュースより【『きのこの山』が立体商標に】を、要約して紹介致します。





明治は3月30日付で『きのこの山』が立体商標に登録されたと発表。2015年から活動しており、17年に一度は登録拒絶されたものの、「見た目だけで、きのこの山だと分かる」識別力を有していることが認められたという。

ロゴや文字が表示されていない商品の形状に立体商標の登録を認める例は少なく、15年8月の出願は17年5月に却下されたという。生産数、販売数、広告宣伝量など取りまとめた意見書や、首都圏・関西圏の知名度90%以上の調査結果提出活動が実り、立体商標登録を果たした。

立体商標は、商品の外観や容器の形状に対し知的財産として保護する制度で、日本で96年に導入。立体のみは『コカ・コーラの瓶』『ヤクルトのプラスチック容器』『キッコーマンの醤油卓上瓶』などがある。

『きのこの山』と並ぶ『たけのこの里』は、どうだろうか!明治広報部は、「今のところ、たけのこの里の立体商標登録の予定は、ございません」と回答した。





※商標登録申請の中でも、立体商標は、難しいような感じはしました。

理由はどうあれ、やはり『たけのこの里』も、せっかくなので、立体商標登録受理を目指してほしいものです・・・というのは、素人考えでしょうか!?



この記事へのコメント
そういう商標登録もあるのですね!
確かにシルエットから想像できるものばかりです。
人間はどうなんでしょうか?有名人ならあるポーズからその人だとわかります。
イチロー選手のバットを立て右肩に手を添える姿、
北野武さんのコマネチ、
黒柳徹子さんのヘアスタイル、
いかに印象を残すかって大事です。
Posted by クラケント at 2018年05月16日 14:34
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

人間は、果たしてどうなんでしょう!

いかに、いい印象を残して“居なくてもそれが漂っている”か、だと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年05月18日 06:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。