2018年05月20日

約束支えに闘い続けた


今日は、4月14日の朝日新聞の記事『若い世代、こう思う』より【約束支えに闘い続けた】を紹介致します。





【約束支えに闘い続けた】

元プロボクサー・俳優
ガッツ石松さん



栃木の田舎の雨漏りする家で育った。中2の時、保護観察処分になった。裁判所を出ると、父ちゃんが生まれて初めてラーメン屋に連れていってくれた。金がないから1杯しか頼めない。俺が一人で食べてしまった後、父ちゃんはどんぶりに水を注いでうまそうに飲み干した。

帰りのバスの中、窓に映る自分の顔をじっと見て約束した。「こんなんじゃいけない。ボクシングでいっぱしの男になる」

中学卒業の2日後、工事現場で働く母ちゃんにサヨナラしにいった。ススで真っ黒になった手から、くしゃくしゃの千円札を渡してくれたよ。「何倍にもして、家を建て替えてやる」。そう誓って東京に出た。

世界をとるまで11回負けた。でも、俺はあきらめなかった。自分との約束を心の支えにして、リングに立ち続けたんだ。





※ストレートに入ってきました。

皆様は、どうお感じに、なりましたか?!



この記事へのコメント
自分の為、は続けにくい
他人の為なら続けられる

ボクサーは文字通り「命懸け」です。
命を懸けてご両親に報いたい。
私にもストレートに入りました。
ガッツ石松さんにこういう生い立ちがあったとは知りませんでした。
Posted by クラケント at 2018年05月20日 07:28
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

他人の為に、いかに行動するかを「命懸け」でやれば、失敗なんて無いと思っています。

これは、素晴らしい実話です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年05月23日 21:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。