2018年06月10日

野球盤60周年、今なお進化


今日は、ヤフー!ニュースから、朝日新聞デジタルの記事で【野球盤60周年、今なお進化】を紹介致します。





おもちゃメーカーのエポック社は、「野球盤」の発売60周年を記念した最新作を6月9日に売り出す。

エポック社が初代を発売したのは1958年。「ミスタープロ野球」とも呼ばれる長嶋茂雄氏がデビューした年だ。家具職人らが作った木製で、価格は1750円。大卒の初任給が1万2千円ほどだった時代には高価だったが、生産が追いつかないほどの人気を呼んだ。

その後、新しい商品を毎年のように投入した。59年には盤面下の磁石を使った変化球が、72年には「消える魔球」が登場した。東京ドームがオープンした88年には、屋根付きの野球盤を売り出した。

2010年に出した野球盤では、放物線を描いてスタンドに飛び込む本塁打を打てるようにした。バットに角度をつけ、ゴムを巻いた。

そして、約70代目となる最新作「3Dエース モンスターコントロール」。

投手の発射口の角度をレバーで調整することで、9コースに投げ分けられるようにした。打者はスイングの高さを変えて対応する。本物の野球に近い駆け引きが楽しめそうだ。球速やコースを速やかに表示する電光掲示板も備えた。希望小売価格は税抜き1万2千円。





※私が幼少時代の時でも、野球盤は凄まじい人気を博していました。

進化し続ける野球盤。最新作のでゲームしてみたいです。



この記事へのコメント
買って欲しいと思いながら、言い出せなかったですね。
近所の一学年下のつよしくんは持ってましたので、よく遊びに行きました。
Posted by クラケント at 2018年06月10日 19:15
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

『近所の一学年下のつよしくん』って、よく覚えておられますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年06月13日 21:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。