2018年06月22日

「リンゴが落ちた」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いている、コンサルティング学習用のメルマガから【「リンゴが落ちた」】を紹介致します。





リンゴが落ちるのを見て引力を発見した。
ニュートンの有名な逸話です。

この話って創作だって知ってますか?
少なくとも本当だって思っている人、めちゃくちゃ多いですよね。

これが本当だと信じられている要素は2つ。

ひとつめ。
同じ話をアチコチから聞くこと。
情報のソースが複数になると、真実のように聞こえていきます。

ふたつめ。
そこに具体的でわかりやすいこと。

「木からリンゴが落ちる」状況って想像しやすいですよね。

なんでもない場面で日常からすごい発見をするニュートンの天才性もしっかりと表しています。

ほんとすごいストーリーですよね。
100年以上も生き残るだけあります。

このレベルのストーリーを作るのは、まず難しいでしょう。

でも、あなたが本当に伝えたいことを「とても短いストーリーで表すには?」と考えることはとても価値が高いです。

うまくできると、一気にお客さんの心に入っていけますから。

形のないものを売る我々だからこそ、ストーリーを作る力を鍛えるべきです。





※この事、とても重要です。

限られた数分間で自己紹介する時にも、使えると思います。

そうした場合“良いイメージをしてもらう事を伝える”のと“スーパートークを決めて、何回も言う”のが、秘訣だと考えております。

そうすると、あちこちで同じフレーズの良い言葉を聴くことになるので、上記のような結果を創る事が出来ると思います。

本日も、ありがとうございました。



この記事へのコメント
永遠のスタンダード
になるまでの要因は
シンプルであること
が必須のように思い
ます。
Posted by クラケント at 2018年06月23日 06:34
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

“永遠のスタンダード”は、シンプルが創り出していますね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年06月26日 07:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。