2018年07月24日

半年待ちの通販コロッケ店の“憂鬱”


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【半年待ちの通販コロッケ店の“憂鬱”】を紹介致します。





夕方のニュース番組を見ていたときのこと。
ある大人気のコロッケ屋さんが紹介されていました。

その店は、黒毛和牛をふんだんにつかったコロッケを売りにしていて、美味しいのはもちろん、ネット上の評判なども重なって、大人気に。


いまだと、注文してから届くまで半年待ちだそうです。


まさに、行列のできるコロッケ屋さんですね。


通販だから、店舗の大きさも小さめですみますし、途切れない注文があって、良いことづくめですよね。

一見すると、、、。



ところが、半年待ちの人気コロッケ店ならではの「ある問題」、というか、「悩み」というか、があるそうなんです。



半年経って、ようやくお送りすると

「勝手にこんなものを送ってきて!おたくは、どういう商売をしているんだ!!」

なんてクレームになっちゃうことも、、、。



そう、お客さんは、注文したことを、忘れちゃってるんです。


半年前に、ネットでたまたま見て、「半年待ちなんて、すごいな」なんて、その場で注文しても、いつまでも記憶に残ってないんでしょうね。



これ、クレームになっていなくても、私たちも気をつけること。



例えば、セミナー。


申し込んでから、実際に開催されるまでに1ヶ月ある、なんてことは珍しくありません。


1ヶ月前に申し込んだことを、すっかり忘れていた!
なんてことは、さすがにないと思いますが、申し込んだときの期待感が100だとすると、時間が経つにつれて、80になり、60になり、、、

当日には、2〜30になっている。



せっかくセミナーの告知文を一生懸命考えて興味喚起をしたのに、それが申し込みまでに小さくなってしまう。

もったいないと思いませんか?


これ、セミナーに限らず、いろんなことに当てはまるはず。



お客さんの記憶にとどまり続ける、興味・モチベーションを維持してもらう。
そのためにできることはないか。ぜひ、考えてみてください。





※如何でしょうか?!これって『あるある!』じゃ、ないでしょうか!

最後の一文の内容を、どのようにして創出していくか、鍵になると、思います。

本日も、張り切っていきましょう。

ありがとうございました。



この記事へのコメント
コロッケ、半年待ち………
送る側にも受ける側にも、なんか違和感感じたのは私だけでしょうか
Posted by クラケント at 2018年07月24日 11:20
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

様々な解釈がありますが〔コロッケの半年待ち〕というのが、違和感を感じた人は、他にも居ると思います。

お口に入るモノです。需要に供給を追い付かせる施策を、考えてほしいです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年07月24日 18:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。