2018年08月07日

3本の放物線そろえば・・


今日は、読売新聞7月28日(土)政治欄より【3本の放物線そろえば・・】を紹介致します。





食品メーカーのキューピーは8月から、一部のマヨネーズ容器で、キャップの穴を一つから三つに増やす。

完成まで約3年をかけ、ミリ単位で試行錯誤を重ねた。以前より細い放物線を描いて押し出されるマヨネーズが料理の見栄えを良くし、「インスタ映え」するそうだ。

何にでもマヨネーズをかけて食べる愛好者「マヨラー」が減ったのか、若者の「マヨネーズ離れ」も言われる中、料理に楽しく使える機会を増やし、購買意欲につなげる狙いがある。





※この記事を読んで、正直思ったのが「えー!今ごろ?!」でした。

まだ実際に手にしていませんが、どのような放物線が描けるか、楽しみにしています。



この記事へのコメント
インスタには興味がありませんが、
三本の放物線には興味ありです。
通常よりも高めの値段設定なのでしょうね。
Posted by クラケント at 2018年08月08日 05:50
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

これから、どのような『三本の放物線』が観れるか。

楽しみです。ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年08月10日 07:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。