2018年08月28日

「バッタを倒しにアフリカへ」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「バッタを倒しにアフリカへ」】を紹介致します。





【「バッタを倒しにアフリカへ」】



図書館で借りてきました。

前野ウルド浩太郎さん
「バッタを倒しにアフリカへ」


「バッタに食べられる」というのが子どものころからの夢。


ファーブル昆虫記を読んで、昆虫博士を志し、とうとう、本物の博士になって、アフリカのモーリタニアへ。

そこに生息するサバクトビバッタの被害(蝗害、こうがい)をなくすため、・・・


こんな流れ。でいいはず。

※何度か本のあらすじを書いていますが、上手になったように感じません。


何より作者の前野さんが魅力的。

モーリタニアという国が魅力的。バッタが魅力的。


前野さんの周りの人が魅力的。


話が面白いです。



本題はお読みいただくとして、共感したのは一章の
「フィールドの魅力に気づいた。」
の部分。

ちょっと書きますと、


〇 フィールドでは、モノサシ一つでデータをとる、ローテクスタイルが威力を発揮した。
〓 モノに頼らないので、いつもと変わらないパフォーマンスを安定して発揮できる。


ここ。

機材や技術に頼らず、頭を使って仮説を立てて、モノサシで、その仮説を立証するためのデータを採取する。


その気になれば、今あるものでなんとでもできる。


こういう考え方、実際の行動が魅力的です。





※こうした、飛躍的な思考と行動。

なかなか出来ないのが、普通です。

人に迷惑をかけない形の‘普通でない事’が、新しい文化や技術を創造するかも、しれません。



この記事へのコメント
「普通」は普通過ぎて相当何回も意識しないと、なかなか気付けません。
Posted by クラケント at 2018年08月29日 07:12
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

普通過ぎる普通って、なんだろうと、考えてみます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年08月30日 23:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。