2018年09月02日

「わき役でもマイペース」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「わき役でもマイペース」】を紹介致します。





【「わき役でもマイペース」】


「わき役ふけ役いびり役」

書かれたのは菅井きんさん。

亡くなった後、新聞のコラムに取り上げられていたので、図書館で借りてきました。

一番記憶に残る菅井きんさんは、やっぱり

「婿どの!!」
※必殺シリーズ

これこそまさに、わき役でふけ役でいびり役。

なんでしょうね。


本の内容でもいくつか印象的な文章がありました。

☆ うまいから売れる。
☆ 下手だから売れないということではない。

☆ 脚本によって必要かどうかで決まる。


ビデオの収録ができるようになって、失敗をすれば何度でも撮り直しがきくようになりました。
このため、収録にだらだら時間がかかるようになりました。
生放送とビデオ撮りでは緊張感が違い、仕事が終わったときのホッとした解放感もまったく違います。

視聴率というお化けがあります。

こういうときにこそ、主役とわき役の違いがはっきり出てきます。
気の毒だなと思うのは主役の方。
視聴率が良いとか悪いとか、そのわずかの上がり下がりを、まるで自分の責任のように気にしていらっしゃいます。

そこへいくと、私たちはずっと気楽です。
視聴率などあまり考えないでマイペースでやっていられます。


引用だらけ。第3章「わき役ふけ役いびり役」からです。

ずっとわき役だった菅井きんさんだから、こういった客観的な視点をもてたのでしょうか?

マイペースで、自然体で、役者をされていたのかなぁと感じて、なんとなく、その生き方に共感を覚えました。

わき役でもマイペース。僕もそんな感じがいいかも。

メルマガ「わき役でもマイペース」でした。

「婿どの!」
声が頭に浮かびますね。

必殺シリーズ、大好きでした。





※菅井きんさんが、先日お亡くなりになりました。

こうして書かれているのを読んで、改めて自然体の素晴らしさを知りました。

必要以上に背伸びをせず、自分に正直に生きていきます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



この記事へのコメント
若い頃から老け役が多くて、老け顔のメイクされていたそうです。
婿養子の男性は、必殺シリーズ以降
「婿殿!」
と呼ばれると
「これは怒られているのかもしれない」
判断に迷う場面に出くわすことになったのではないでしょうか………
Posted by クラケント at 2018年09月03日 06:38
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

若い頃から老け顔の人は、歳を重ねると、若く見えたりしますよね。

菅井きんさん、味のある女優さんでした。素晴らしいドラマを見せて頂きました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年09月04日 07:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。