2018年09月09日

お日さまの匂い、その正体はコレ


今日は、亀田製菓の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その29の【お日さまの匂い、その正体はコレ】を紹介致します。





お天気のいい日に干した布団を取り込むと、「お日さまの匂い」を感じませんか。

その正体は日光に含まれる紫外線が、綿を作るセルロースなどの物質をわずかだけ分解し、アルデヒドや脂肪酸、アルコールなどの物質に変化したもの。

どこか幸せな気持ちになるあの匂いのヒミツは、科学的なものだったのですね。





※確かに晴れの日にお布団を干すと、取り込んだ時に‘なんとも言えない幸せな匂い’がしますね。

科学の力って、すごいです。お日さま、ありがとうございます。



この記事へのコメント
この歌が頭の中を駆け巡りました。

♪なにも求めずに
なにも変わらずに
ずっと僕らを照らす太陽を
雨に打たれながら
この暗闇の中
ずっと待ち続けた

槙原敬之 「太陽」より

太陽は偉大です
Posted by クラケント at 2018年09月10日 21:08
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

槙原敬之さん。いいですね!

確かに太陽は、偉大です。

何があっても、照らしてくれます。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年09月13日 07:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。