2018年10月18日

世界オセロ11 歳V


今日は、読売新聞10月15日社会面より【世界オセロ11歳V】を紹介致します。





第42回世界オセロ選手権がチェコの首都プラハで(10月)9〜12日に開かれた。一般社団法人「日本オセロ連盟」(東京)によると、神奈川県在住の小学5年、福地啓介君が初出場で初優勝を果たした。11歳での優勝は歴代最年少という。

これまでの最年少記録は日本人選手の15歳で、更新は36年ぶり。同選手権には約25の国と地域から成人も含めて約80人が参加したという。大会公式サイトによると、福地君は準決勝で日本人選手を破り、決勝に進出。タイの選手に競り勝って優勝した。





※素晴らしい結果が、世界大会で飛び込んできました。

優勝した瞬間の7手先に、ドラマがあったと、テレビニュースでは報じていました。

角を取ると有利と言われるオセロで、わざと相手選手に左隅の1番を取らせたらしいです。

優勝賞金は、日本円で50万程度。これが安いか高いかは置いといて、これから、福地啓介選手の活躍を、期待していきましょう。



この記事へのコメント
帰りの飛行機の機長は、それまで最年少記録を持っておられた方だったそうです。
Posted by クラケント at 2018年10月18日 10:52
クラケント様

訪問、ありがとうございます。

『帰りの飛行機の機長は、それまで最年少記録を持っておられた方』

これは、知らなかったです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞ー at 2018年10月21日 06:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。